関節痛 薬 市販

【関節痛の薬】市販でおすすめなのは?

関節痛の薬で市販の製品を、効能・効果や売れ筋を調べて比較してみました。

 

 

関節痛に効くとされる薬は市販でもたくさん出回っています。

 

最近ではサプリメントや健康食品などもよく目にしますが、やはり効能や効果を比較するとつらい痛みには薬がおすすめです。

 

ところが市販薬も様々な医薬品が販売されていますので、実際にはどれが人気で多くの人が効果を実感しているのかを調べるために、ぜひランキングを参考にしてみてください。

 

比較してみると、それぞれの商品の特徴や作用の仕方などが詳しくわかりますよ。

 

含まれている成分についてもチェックすることができるので、つらい症状を改善したい時に成分の特長を知ってから導入することもできると思います。

 

つらい関節痛にお悩みの方、医薬品を選ぶのに迷われている方の参考になれば幸いです。

関節痛に効く市販薬は第3種医薬品が売れ筋

関節に痛みが発症した時、早めに市販薬でケアできれば、症状を長引かせたり痛みが慢性化することを防げます。

 

 

健康食品やサプリメントに比べ、関節痛に効く市販薬の方が有効性は認められています。

 

そして市販の薬の中でも、安全性が認められていて手ごろな価格の第3種医薬品が売れていておすすめです。

 

内服薬は湿布などの外用薬に比べて効果が期待できるとされています。しかし、あまりに効果が高い薬というのは反面、副作用のリスクが高くなります。

 

関節痛の薬でも副作用には薬の種類によって様々ですが、強い薬になると重篤な副作用のリスクなども心配です。

 

だから関節痛の際に家庭で服用するには、第3種医薬品がおすすめです。

 

第3種医薬品は症状についての有効性・安全性が認められいるので、安心して服用することができるでしょう。

 

関節痛向けの市販薬には新陳代謝を促したり血行を促進して、痛みを緩和する効果などがあります。

 

また、薬によっては軟骨成分を補給することで滑らかな動きをサポートしてくれるものもあるでしょう。

 

第1種や第2種の医薬品のように強い効き目のある薬ではありませんが、穏やかに痛みを緩解してくれますよ。

 

また第3種医薬品でもさらに安心して薬を使いたいという場合は、その選び方についても知っておくと良いでしょう。

 

効果が認められている医薬品を選ぶ

例えば関節痛の原因の一つに軟骨の減少があります。

 

軟骨にはもともとコンドロイチンという成分が含まれており、細胞に水分や栄養を与える作用があります。

 

それによって軟骨に弾力性や保水性を高める働きがあるんですが、コンドロイチンは年齢を重ねるごとに生成量が減少してしまいます。

 

それが原因で関節痛が発生しやすくなってしまうので、薬によってコンドロイチンをしっかり補っていくと関節痛の痛みを緩和することができます。

 

また、筋肉の疲労を緩和する効果がビタミンB1にあったり、関節の痛みを和らげるビタミンB12や血行を良くするビタミンEなど関節痛に有効性が認められている成分にもいろいろあります。

 

このような成分がしっかり入っていて効能・効果や安全性が認められている医薬品選ぶことが大切です。

 

信頼のおける公式サイトで購入する

関節痛に悩んでいるとき、薬をどこで購入したら良いのか迷うという人も多いのではないでしょうか。

 

ドラッグストアなどよりも安く買いたいという理由で、一般の通販サイトで薬を探す人もいるかもしれません。

 

しかし、一般の通販サイトなどで安く販売されている市販薬は、有効性の認められた成分が少なかったり、場合によっては偽物の薬の可能性もあるので注意しましょう。

 

しっかりと有効性や安全性が認められてない薬では副作用が心配ですし、服用しても効果を得られないこともあります。

 

そのため、効能・効果や安全性が認められた市販薬を購入したいという場合は、やはり公式サイトで購入したほうが良いでしょう。

 

公式サイトならお得な購入方法が用意されていることもしばしばあります。

 

関節痛におすすめの市販薬ランキング!

関節痛におすすめの市販薬1位 「トンデケア」の特徴

あき竹城さん、九重親方のテレビCMが絶賛放送中の市販薬

・関節痛や神経痛といった痛みに有効な市販の第3種医薬品
・肩や膝の関節痛のほか、肩こりや腰痛、手足の痺れ、眼精疲労といった症状でお悩みの方
・妊娠や授乳期、病中病後の体力低下時、肉体疲労時のビタミンB1、B6、B12の栄養補給に
・穏やかな効き目の市販薬で副作用リスクが比較的少ないので安心
・7つの有効成分が直接痛みに働きかけるため、つらい痛みが緩和
・今なら定期2個セットで「ヒザらくらくサポーター」をプレゼント

価格 通常4,980円
評価 評価5
備考 初回限定3,675円(税抜、送料無料、初回のみで解約可)、93錠入(31日分)
関節痛におすすめの市販薬1位 「トンデケア」の総評

穏やかな効き目が特徴の市販薬です。副作用の心配が少なく安全性も認められた第3種医薬品な
ので、安心して服用することができます。

7つの有効成分が関節痛の原因に直接働きかけるため、つらい症状に効果が期待できます。

通常価格は4,980円ですが、公式サイトから購入すれば初回3,675円で購入することができるのでお得です。

さらに2回目以降も10%OFFで購入できて最低受け取り回数の縛りもありません。

自由に始めたり止めたりできるので、はじめてでも安心です。

関節痛におすすめの市販薬2位 「リョウシンJV錠」の特徴

肩・腰・膝など関節の痛みに飲んで効く、手ごろな価格の市販薬

・つらい関節痛や神経痛に効く6つの有効成分配合の市販薬
・服用は1日たったの1回でOK
初回限定価格は1900円なので、最初の1ヶ月は1日たったの61円
・関節痛や神経痛のほかに筋肉痛、眼精疲労などの症状にも可
・妊娠・授乳期や病中病後の体力低下時、肉体疲労時の栄養補給に

価格 通常4,104円
評価 評価4.5
備考 初回限定1,900円(税抜、回数縛りなし)、93錠入(31日分)
関節痛におすすめの市販薬2位 「リョウシンJV錠」の総評

関節痛や神経痛に優しく働きかける第3種医薬品に分類されている市販薬。

痛みへの有効性や安全性が認められている市販薬なので、副作用が心配な人でも比較的安心して服用できます。

身体への影響が心配であったり他の薬が合わなくて、このリョウシンJV錠に切り替えたという人もいるようです。

通常価格は3,800円ですが、公式サイトからなら初回限定で1,900円で購入できるので、お試ししやすいです。


価格なら他の市販薬と比べてもお得ですので、継続する場合でも経済的な負担が少なく済みます。

関節痛におすすめの市販薬3位 「グルコンEX錠プラス」の特徴

累計販売本数400万本突破!市販で売れてる関節痛の薬
・関節痛の薬として効果、効能が認められた市販で売れてる第三類医薬品
・肩や膝の関節痛や肩こり、腰痛、五十肩といった、つらい痛みでお悩みの方に
・関節痛のほかに神経痛や筋肉痛、手足のしびれに
・肉体疲労時や妊娠・授乳期、また病中病後の体力低下時のビタミンB1の補給に
・便秘や眼精疲労にも効果あり、様々な症状に対応できるので常備薬におすすめ
・コンドロイチンを900mgも含有(国が定める製造承認基準の上限量、欧州でのエビデンス量もクリア)
商品の購入後も日本薬師堂の薬剤師から電話でアドバイスやサポートが受けられる

価格 通常7,178円
評価 評価4
備考 初回限定1,980円(税込、送料無料、初回のみの解約可)、186錠入(31日分)
関節痛におすすめの市販薬3位 「グルコンEX錠プラス」の総評

膝や肩などの関節痛以外にも神経痛や筋肉痛、手足のしびれ、眼精疲労など様々な症状に対応している市販の薬です。

ただ痛みを抑えるだけの市販薬とは違い、関節痛の原因を根本から改善し、痛みを緩和してくれます。

通常価格は7,178円なのですが、公式サイトから定期便で購入すれば割引価格でお得に利用することができます。

今なら初回限定ですが1,980円で購入できます。1ヶ月で解約しても解約料はかかりませんので、つらい痛みにお悩みなら1度試してみても損はないです。

関節痛の市販薬でおすすめは「トンデケア」

関節痛に効く薬は、たくさんの企業が多くの製品を販売していますが、
中でも私が常備薬としても一番おすすめするのが日本薬師堂の「トンデケア」です。

 

 

この薬は関節痛の原因に直接作用することで、痛みを抑える7つの有効成分がしっかり配合されています。

 

またトンデケアは関節痛に効く薬ですが、実は神経痛にも効能・効果が認められた薬なんです。

 

傷んだ神経を修復することで痛みや痺れに効果があり、さまざまな痛みの緩和に有効な薬であると言えるでしょう。

 

関節痛の原因の一つに血行不良があげられ、関節痛を緩和するためには患部並びに全身の血行を良くすることがとても重要です。

 

この薬には血液循環を促すことで痛みや痺れを緩和してくれる成分が配合されています。

 

ただの痛み止めや鎮痛剤とは違い、痛みを根本から改善することが期待できますので、関節痛を原因からしっかり改善したいという人にはおすすめの薬と言えるでしょう。

 

トンデケアは国内の工場で製造されており、品質管理を重視しています。また、第3種医薬品なので副作用のリスクが少ないことも人気のある理由です。

 

関節痛を効率よく治したいという場合、サプリメントや健康食品よりも医薬品を使うほうがいいでしょう。

 

サプリメントというのは効果や効能がはっきりと認められている商品ではありませんが、医薬品として認定されている市販の薬なら、きちんと関節痛に効き目があります。

 

関節痛は年齢のせいだとあきらめていませんか?

 

しっかり効能・効果が認められた売れ筋の薬を使うことで、痛みの原因に直接働きかけてくれますし、痛みを効率よく緩和することができますよ。

 

配合成分や購入しやすい価格、口コミでの評判、サポート体制など、総合してみると、トンデケアはダントツでおすすめです!

 

 

▲関節痛におすすめの市販薬ランキング!へ

関節痛に効果が期待できる市販薬の種類

関節痛に対応する市販の薬にも様々な種類があります。

 

ここでは関節痛に効果が期待できる市販薬についてわかりやすく分類してみたので、それぞれの特徴をみてみましょう。

 

 

1.内服薬

関節痛の薬で市販の商品は、大きく分けて内服薬と外服薬の2種類に分けられます。

 

内服薬にはいくつかの種類があるので、それぞれの成分や効果、正しい服用方法、注意点などを知っておくといいですね。

 

市販の薬は飲んですぐに効果が出るわけではありません。

 

だからといって一度にたくさん服用したからといって、効果が増幅するわけではないですし、用法を誤ると副作用のリスクが高まる恐れもあるので注意が必要です。

 

関節痛の薬に限りませんが、ある程度継続して服用を続けることが大切です。

 

1-1.軟骨成分を配合する市販薬

関節痛は軟骨に負担がかかることで摩耗が生じ、クッション性が低下して軟骨の機能を果たせなくなってしまうことが一因となります。

 

軟骨の成分にはコンドロイチンが有名ですが、軟骨のクッション性を高めるためにもコンドロイチンを含む市販薬を服用することも大きなポイントです。

 

コンドロイチンは関節のスムーズな動きをサポートしてくれますし、老化防止にも役立ちます。

 

また、コンドロイチンだけでなく、グルコサミンやヒアルロン酸も関節痛に効果的な成分と言われており、こうした軟骨成分を含む薬を服用することが大切です。

 

1-2.血行を促す成分を配合すr薬

関節痛の緩和には血行を促進したり、新陳代謝を高めることなどが有効です。

 

ビタミンB群やビタミンEには血流促進の効果があるため、関節痛の改善を期待できるでしょう。

 

血流を促す成分が含まれている薬には、関節痛のみならず肩こり・腰痛や疲労回復の効果もあります。

 

1-3.漢方薬

関節痛の症状には漢方薬もおすすめです。

 

とくに冷えやむくみが素因としてあるような関節痛には効果が期待できるでしょう。

 

漢方薬にはさまざまな種類がありますので、中には飲み合わせが悪かったり、体質に合わなかったりするものもあります。

 

そのため専門家の話をきちんと聞いてから服用することをおすすめします。

 

2.外用薬

関節痛は内服薬だけでなく外用薬によって対処することもできます。

 

外用薬は消炎鎮痛成分や抗炎症成分を含んだ薬を患部に直接貼ったり塗ったりするものです。

 

外用薬にもシップ薬や塗り薬など多くの種類があるので、症状や体質に合わせて使い分けると良いでしょう。

 

▲関節痛におすすめの市販薬ランキング!へ